AGA外来(PRP)

ミノキシジルメソセラピーや
再生医療の活用方法

2019年4月にブラジルの医科大学が発表した症例報告は、5%ミノキシジル外用と1mgフィナステリド内服の併用療法が効かなかったAGA男性に、ミノキシジル等を含む溶液を頭皮に2週間に1回、直接注入(=メソセラピー)したところ5か月後に改善がみられた、という報告です。

1例だけの報告ですからミノキシジルメソセラピーの有効率についてはわかりません。

しかし、ミノキシジルメソセラピーでは、その日だけにミノキシジルが投与されるので、心臓血管系への蓄積的な影響は(ミノキシジルの連日内服よりも)少ないと考えられます。従って、ミノキシジルメソセラピー(あくまでも適量なもの)を積極的に活用する事は良い考えだと思っています。

しかし、治りにくいタイプの男性AGAや女性の薄毛では、ミノキシジル内服がどうしても必要な状況に直面します。ミノキシジル内服中にミノキシジルメソセラピーを追加する場合(またはその逆)は、治療を受ける側は、何mgを服用中で、何mgのミノキシジルメソセラピーを受けているのか、しっかり把握しておく必要があります。

なんらかのアクシデント、胃腸炎や体調不良、食欲不振で脱水状態にあった場合、血管内に循環している血液量は減少しているので、同じ量のミノキシジルでも血中濃度は普段より高くなります。ですから、そんな日にメソセラピーを受ける事は危険です。
治療を受ける側としては、体調が優れず脱水状態にあるような場合には、メソセラピーを延期するくらいの知識は必要です。

ミノキシジルの安全な使用方法

以前に当院ブログでも報告しましたが、現在日本ではミノキシジル内服治療は5mgが通説となっています。ミノキシジル1日5mg内服を併用したAGA治療の臨床研究では、5~10%に浮腫や心電図異常が見られますが(理由はミノキシジルの強い血管拡張作用によるものと考えられます)、にも関わらず、1年間投与した結論は「満足度の高い発毛が期待でき、かつ安全に遂行する事ができた」と結論付ける論文が多いのです。しかし、1年間ではなくもっと長期間のミノキシジル内服による影響の可能性について言及している論文はありません。

ミノキシジル5mgを服用させておけば、あとはフィナステリド内服などを併用するだけで大半のAGAが軽快するので、治療する側にとっては非常に楽なのです。多少の浮腫があってもAGA改善の方を優先している可能性もあります(またはその浮腫に気づいていない可能性もあります)。そして、長期間服用した際の心臓肥大などの副作用について懸念するクリニックは少ないと思います。ミノキシジルは2.5mg/日では浮腫の出現率が顕著に減少し、かつある程度の発毛効果が期待できます(2.5mg/日で改善した報告もあります)。ただ効果は5mgより当然落ちるはずですから、その落ちた分をミノキシジルメソセラピー(あくまでも適量なもの)で補うのです。

ミノキシジルメソセラピーは頭皮内に直接高濃度のミノキシジルを注入するので、高い有効率が期待できる治療方法です。連日服用するミノキシジルを2.5mgに抑え、ミノキシジルメソセラピー(治療初期は月2回、その後数ヶ月は月1回。その後は数ヶ月に1回の頻度で施術)を併用した場合では、1日5mgを連日服用している場合と比較して、年間のミノキシジル摂取総量を格段に抑える事ができます。

最終課題:ミノキシジルメソセラピーが効かない場合、またはミノキシジルメソセラピーで発毛した頭髪を長期間維持できない場合はどうするか?

  • メソセラピーが終了した後、せっかく成長期に入って成熟した毛髪が再び休止期に戻るのではないか?
  • メソセラピー終了後にどうやって毛髪の成熟期間を長く維持してゆくか?
  • またミノキシジルメソセラピーでも十分な発毛効果が得られなかった場合はどうするか?

幹細胞由来再生因子治療やPRP再生医療はミノキシジルとは異なるメカニズムで発毛を促しますので、ミノキシジルとの併用による相乗効果が期待できます。ですからミノキシジルメソセラピーの効果が十分ではない場合は、これらの治療の併用を考慮するとよいでしょう。

また、これらの治療では、一度成熟した毛髪の持続期間が長いのが特徴でもあります。個人差はありますが1年くらい、長い人で2年くらいの持続効果があります。

ミノキシジルメソセラピーでも改善しない場合だけでなく、ミノキシジルメソセラピー終了後にすぐに薄毛が進行してしまう場合には、幹細胞由来再生因子治療やPRP再生医療の併用を考慮するとよいでしょう。

当院ではこれまで脂肪幹細胞由来再生因子治療(HARG)とPRP再生医療の併用療法を行っておりました。

今後はより強い効果を目指し、新たに臍帯血幹細胞由来の臍帯血再生因子を用いる事になります。臍帯血再生因子は脂肪幹細胞由来再生因子より多彩で多量な各種サイトカイン等が含まれる事が示されています(臍帯血再生因子の項目を参照)。

さらに、ミノキシジルメソセラピーを併せて併用して、より確実な発毛効果、より長い発毛効果の維持が実現できるようにしています。

Web予約

再生医療ブログ さまざまな事例を紹介

美容皮膚科
炭酸ガスレーザー
I2PLエリプスフレックスPPT
スペクトラ
AGA外来
PRP再生医療
ヒアルロン酸注射
料金表

ページの先頭へ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。