AGA外来(PRP)

ミノキシジルと心筋梗塞・心臓肥大

現在、薄毛(男性のAGA、女性型薄毛)治療の世界は、ミノキシジルを中心に回っています。

私個人としては副作用面を重視してミノキシジル内服を使用しないで治療する方法を模索しておりましたが、どうしてもミノキシジルを使用しなければ改善しないという場面があり、現在はメソセラピーによる使用を中心に使用しております(詳細は後述)。

薄毛治療に使用するミノキシジルは、①外用薬(塗り薬)、②内服薬、③注射薬(メソセラピーとして頭皮に注入)の3形態があります。内服治療では1日5mg投与が汎用されています(個人的には1日5mg連日内服する治療の安全性は確立されていないと考えています。理由は後述)。

男性AGAの主な治療方法は、ミノキシジル外用、フィナステリドまたはデュタステリド内服にミノキシジル内服を併用します。クリニックが独自に調合しカプセル剤として処方する施設もありますが、(各薬剤の用量は分かりませんが)おそらく同様な内容のものと考えられます。

女性の薄毛の場合はミノキシジル外用にミノキシジル内服やパントガール内服の併用が多いようです。

過剰にミノキシジルを摂取した場合

ちょっと話は変わりますが、過剰にミノキシジルを摂取した場合、または慢性的にミノキシジルを服用していった場合、いったいどんな事が起こりえるのか、これまでに報告されている論文内容を紹介したいと思います。

ミノキシジル外用液を、何らかの理由で飲んでしまって中毒症に陥った症例が2例報告されています。
1例はカナダ、もう1例は日本の症例です。

カナダの症例

カナダの症例では心筋梗塞を併発していました。

日本の症例

本邦の症例はリアップ®(5%溶液60ml=3,000mg minoxidil)を飲んでしまったもので、深刻な低血圧状態が遷延した、という報告です。

もう1例、これはニューヨークにあるメディカルセンターからの報告で、「Myocardial Infarction After Accidental Minoxidil Poisoning」というタイトルしか分かりませんので詳細は不明ですが、過剰のミノキシジルを摂取してしまった結果、心筋梗塞に陥ったという事です。

何故、ミノキシジルを過剰に摂取すると心筋梗塞になるのか?

これは動物実験によって解明されています。体重1kg当たりに0.5mgまたは1mgまたは3mgのミノキシジルをそれぞれビーグル犬に2日連日投与した結果、いずれも心筋梗塞に陥っています。ミノキシジルは血管拡張作用が強力なため、心筋内の血管が過剰に拡張し、結果、血管壁が過剰に引き延ばされて出血を引き起こし心筋梗塞に至ったという事が分かっています。普通の動脈硬化による心筋梗塞とは発症メカニズムが異なるのです。

犬と人では異なりますが、体重1kgあたり0.5mgというと人間60kgでは30mgに相当します。

最近はミノキシジルメソセラピー(頭皮注入治療)で、1回量に30~50mgくらいを使用する事を聞き及んでいます。治療を受ける側としては、自分が何mgのミノキシジルを服用や頭皮注入に使用しているか、きちんと把握しておく必要があります。

ミノキシジルが慢性的に心臓に及ぼす影響について

次にミノキシジルの服用を継続している場合、ミノキシジルが慢性的に心臓に及ぼす影響について。

高血圧があるとそれだけで心臓肥大の原因になりますが、カルシウム拮抗薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬などの降圧治療では血圧が下がるとともに心肥大の改善が期待できます。しかし、ミノキシジルの場合は血圧がさがっても心肥大の改善は期待できないようです。

正常血圧モデルの動物を使った研究では、ミノキシジル自体に心臓肥大を誘発する作用がある事がわかりました。
メカニズムは完全に解明はされていませんが、心筋内の血管拡張が誘因になっている可能性も示唆されます。
AGA治療においてミノキシジル5mgを内服すると5~10%に足のむくみや心電図変化が見られますが、これらも皮膚や心筋内の血管拡張が原因である可能性が考えられます。

この事からも普段服用するミノキシジル使用量はなるべく抑えるべきで、その分、弱くなった発毛効果は他の治療(ミノキシジルメソセラピーなど)で補う工夫が必要なのではないかと考えます。

Web予約

再生医療ブログ さまざまな事例を紹介

美容皮膚科
炭酸ガスレーザー
I2PLエリプスフレックスPPT
スペクトラ
AGA外来
PRP再生医療
ヒアルロン酸注射
料金表

ページの先頭へ

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。